亜鉛の吸収率を上げるために飲み合わせは「ビタミンC」

亜鉛はヒトが生きていく上で必要な栄養素です。
主に、味覚のもとになったりと様々な効果を持っています。

 

つまり、亜鉛不足になると味覚障害に陥ったりすることもあります。

 

また、口から摂取した亜鉛は小腸など吸収され、ビタミンCやマルチビタミン類などと一緒に摂取することにより、より効率よく吸収される仕組みとなっています。

 

レモンのように酸味が強いものであったり、ビタミンCやマルチビタミン類というものは、特殊なキレートを形成し、それがより体内への吸収を促進させる働きを担っています。

 

つまりは、亜鉛を摂取する際にレモンなどのビタミンCの含有量の多いものを摂取するとより効率的に摂取することができます。

 

亜鉛が最も含まれている食べ物は牡蠣です。
私たちは普段牡蠣にレモンを絞って食べることがありますが、これは実際にこのようにして考えてみると理にかなった食べ方ではあります。

 

亜鉛の吸収を阻害しやすい成分

中には亜鉛と一緒に摂ると亜鉛の吸収を阻害するものや、効果を半減させるものもあります。

 

普段、私たちが良く食べているような食材に含まれていることが多いのです。

 

シュウ酸

シュウ酸とは、生野菜に多く含まれています。ホウレン草や山芋、
パイナップルなどに含まれている針状の成分です。

 

シュウ酸は亜鉛の吸収を阻害してしまいます。しかし、シュウ酸は加熱調理によって除去できるので、亜鉛サプリを摂る際に野菜を食べる場合は温野菜などにして摂るといいです。

 

フィチン酸

豆やパン、小麦などの穀物に含まれている成分です。
これらの食品には亜鉛も含まれています。また、フィチン酸も多く含んでいるので、穀物類から亜鉛を摂取しようとしてもほとんど摂取されません。

 

しかし、魚介類、肉類にはフィチン酸を除去してくれる効果があるため、野菜を食べるときは肉や魚介類も一緒に食べることをオススメします。

 

注意すべき薬の飲み合わせ

亜鉛と実際に飲み合わせのあまりよくない薬について3種類紹介したいと思います。まずは、主に鉄剤やカルシウム剤といったものです。次に、甲状腺機能低下症の治療によく使用される。レボチロキシンです。そして、最後に各種抗生剤です。簡単に説明していきたいと思います。

 

鉄剤・カルシウム剤

鉄剤やカルシウム剤は、吸収の過程が似ていたりで、そのまま吸収されずに流れ出て来る可能性があります。なので、それに伴う副作用はあまりないのですが、逆に効果もほぼないと言えます。

 

レボチロキシン

レボチロキシンに関しては、その薬剤と亜鉛が反応し、吸収が阻害されるキレートの形成となります。甲状腺機能低下症の方にとっては非常に大切なお薬となるため、特に注意が必要となります。

 

各種抗生剤

さきほど少し、キレートの形成について話を触れましたが、各種抗生剤も似たような作用はあります。もしあなたが風邪をひいて病院に行ったとします。インフルエンザなどでない限り、風邪症状の悪化の予防のためあなたは抗生物質と言われる薬剤をもらうと思います。

 

これは3〜5日程度のみ、風邪の症状の悪化などを抑える予防的な役割となるものです。この様な抗生剤との飲み合わせもよくないです。
というのも、基本的に抗生剤などは鉄剤などとともに摂取することにより、吸収困難なキレートという物質を形成し、体内への吸収の阻害がなされるからです。

 

亜鉛に関してもこの様な鉄剤と似たようなことが言えるのです。そうすることにより、吸収の障害が生まれ、お互いの作用が弱くなります

 

お酒と一緒に飲むなら亜鉛サプリではなく牡蠣サプリを飲みましょう!

 

亜鉛を摂取する際に注意することがあります。それはアルコールと同時に服用しないようにということです。

 

ただし、基本的にアルコールというものはたばこなどとは違って体にとってそれほど悪いものではありませんが、
飲み合わせはそれほどいいものではありません。それは、アルコールの特性に由来します。

 

アルコールは体内に入ると肝臓内などで分解されます。その分解の過程で消費される物質の1つに亜鉛があるのです。
アルコール自体はタバコなどとは違い、体内にとって大切な役割の一部分も担っています。

 

なので、アルコールを全否定するわけではありませんが、かりに亜鉛サプリなどと同時に服用しますと、
吸収された分がそのまま体内で利用されるのではなく、アルコールを分解する際のエネルギー源として使用されてしまいます。

 

つまりはアルコールとの同時の摂取は、亜鉛サプリの場合にはなるべく避けた方がいいということです。一方で亜鉛サプリではなく、牡蠣サプリなどではより亜鉛の吸収される割合が増えるように工夫されているものが多いです。

 

もし亜鉛をより効率よく摂りたい、しかもアルコールを飲みたいのであれば牡蠣サプリを摂るべきです。
牡蠣サプリには含まれるのはもちろん亜鉛だけではありません。牡蠣サプリには亜鉛などのミネラル成分を始め、
様々なアミノ酸成分、その他タウリンやグリコーゲンも含まれています。

 

現在、世の中に出ている様々牡蠣サプリにはそれらの成分が10種類程度ずつ入っているので非常に効果的であると思われます。

 

その中でも、タウリンと言う成分がアルコールと密に関わってきます。

 

タウリンは主に肝臓でアルコールを分解する作用の手助けを行います。

 

さらにこの成分のいいところは二日酔いや悪酔いなどにも効果を発揮する部分です。
肝臓は働き者の臓器であり、日常茶飯事動いている臓器です。それは人が寝ている時も例外ではありません。

 

人が寝ている時も常に働いています。そんな臓器の働きを手助けしてくれる成分がこれです。
アルコールというのは人によって飲み方が千差万別ではありますが、基本的にはアルコールを飲み始める15分前程度にこのような牡蠣サプリを服用することによって効果がよいものとなります。

 

なので、アルコールをどうしても飲みたい、飲む必要がある方であれば、どちらかというと牡蠣サプリがおすすめされます。

 

ランキングバナー

 

効果が高くて副作用ない人気の亜鉛サプリはコレ!

海乳EX
カキ肉エキスEXゴールド
低分子カキ肉&亜鉛