亜鉛は食後に飲むのがベスト!

「一日分の亜鉛サプリの摂取上限を守ったハズなのに腹痛がする」
「亜鉛を補いたいけど副作用が心配」
「ググったら亜鉛サプリの副作用がたくさん出てきて、これから飲むのに心配だ」

 

この記事では、亜鉛サプリの副作用である腹痛や胸焼け、気持ちが悪くなるといった症状について解説していこうと思います。

 

亜鉛は毒性が強い

元々、亜鉛は毒性が強いのです。

 

1日分の亜鉛を一気に補おうとして亜鉛サプリを飲んだ時に気持ちが悪くなったり、胸焼けがする場合は「亜鉛中毒」の可能性があります。

 

胸焼けのイラスト

 

飲んだ亜鉛サプリの1日分をしっかり守っていたとしても、短時間に一気に摂取すれば胃腸系を刺激するような中毒症状が出しまいます。

 

副作用の症状としては、主に、胸焼け、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などです。
しかし、この副作用は、摂取し過ぎた亜鉛を排出するための正常な反応ですので、吐き気止めや下痢止めは飲まない方がいいです。

 

副作用が出てしまったらトイレに向かいましょう。

 

人間の体は、食材から亜鉛を少しづつ吸収するようにできています。

私たち人間は日々の食事から栄養を補給しています。食べ物の中に含まれている栄養を、腸内で少しづつ吸収するように出来ているのです。

 

「亜鉛サプリ」という亜鉛の塊が体の中に入ってくれば排出しようとする副作用が出て当然のことなのです。

 

腹痛

 

亜鉛に限らず、ほかの栄養素も一気に摂取すれば副作用が発症してしまう場合があります。

 

なので、理想を言えば亜鉛サプリに頼るのではなく、1日3食の食事で亜鉛を補うことが望ましいです。

 

亜鉛サプリではなく、牡蠣サプリが安全でおすすめ!

亜鉛が含まれている食材は限られています。

 

日々の食事で亜鉛が不足していることを自覚している場合は、亜鉛サプリではなく、牡蠣サプリを飲むことがおすすめです。

 

食材の中で一番、亜鉛の含有量が高い食べ物は「牡蠣(かき)」です。

 

牡蠣サプリなら、食べ物から亜鉛を吸収するように安全に亜鉛を摂取することが出来ます。
また、牡蠣に含まれるタウリンやグリコーゲンといった成分が亜鉛との相乗効果をもたらして疲労回復効果を高めてくれるのです。

 

牡蠣サプリのオススメは「海乳EX」です。
1日2粒で12mgの亜鉛を摂取することが出来ます。

 

海乳EX

 

成人男性の亜鉛摂取量の目安が15mgですので、足りない分の亜鉛は食事から補うことを考えるとちょうどいい量です。
牡蠣サプリなら、食べ物から亜鉛を吸収するように自然な形で亜鉛を補うことが出来ます。

 

なので副作用が非常に少ないのが特徴です。

 

>>こちらのページで海乳EXを実際に飲んでみた効果を解説しています。

 

牡蠣サプリを食事と同じくらいのタイミングで飲むとさらに効果的

牡蠣サプリを飲むことが安全なのですが、さらに安全性を高める飲み方は、食事と一緒のタイミングで牡蠣サプリを飲むことです。

 

食事のイラスト

 

空腹に飲むと胃の粘膜にサプリの成分が直接触れてしまいますので、刺激が強いです。

 

食事と一緒に飲むことによってサプリの成分が食べ物と混ざります。
すると、食べ物との相乗効果で亜鉛が吸収されやすくなります。

 

亜鉛は単体で飲むより、ほかの栄養と合わせて取ったほうが吸収率が高いのです。
なので、食事と一緒に牡蠣サプリを飲むということは、安全性を高めるだけでなく、栄養の吸収効率の面からみても理にかなっているのです。

 

ランキングバナー

 

効果が高くて副作用ない人気の亜鉛サプリはコレ!

海乳EX
カキ肉エキスEXゴールド
低分子カキ肉&亜鉛