日々の食事だけでは、摂取量が不足してしまいがちな亜鉛。そんな亜鉛を効果的に摂取することで、健康的な育毛効果が期待できます。

 

亜鉛は発毛効果があります!

亜鉛の効果を調べる前に、まずは髪がどういうものかを考えてみましょう。
私たちの髪はタンパク質の塊でできています。このタンパク質は「ケラチン」という名前で、爪と同じ成分でもあるのです。

 

病気になったりストレスが溜まったりすると、爪に筋が入ったり、表面がでこぼこになることがあります。
これは指先で次々に作り出されるケラチンが、体の健康リズムの不調により不規則に生産されることによって起きます。

 

爪であれば比較的観察しやすいのですが、髪はなかなか観察することができないので体の不調なリズムを髪質から見ることはなかなかできません。
なので、爪の健康から髪の健康を判断します。

 

爪の状態で髪の健康がワカル!

亜鉛不足が髪の毛に影響しているかどうかは、爪の状態で判断が出来ます。

 

自分の爪の状態を見て、こんな状態だったら亜鉛が不足しているのでサプリで補いましょう。↓

10秒で分かる!亜鉛不足の判断方法

爪が薄い

折れやすい

白い斑点がある

縦に筋がある

こういった症状は亜鉛が不足している疑いがありますのでサプリメントなどで補給しましょう。
だいたい、1ヶ月ほど飲み続ければ亜鉛不足が解消されて爪の状態が正常に戻ります。

髪の必要成分「ケラチン」の仕組み

このケラチンというタンパク質は、体内の複数のアミノ酸を合成することによって作り出されます。

 

私たちは、タンパク質の塊である肉・魚・豆を食べて、体内でアミノ酸という小さな物質にまで分解します。
アミノ酸はとても小さいので、体の中の様々な場所に運ばれてゆきます。

 

そして、指先や頭部で、分解されていたアミノ酸は、今度は再度合成されてケラチンというタンパク質になるのです。

 

この、再度合成をつかさどるものに亜鉛があるのです。亜鉛は、いわば髪を作り出す職人のようなものです。
アミノ酸という材料がたくさんあっても、髪を作る職人が不在になってしまうと、髪はどんどん元気がなくなり、最終的には無くなってしまいます。

 

また、男性特有の脱毛として、男性ホルモンが活発になりすぎることによって引き起こされるものがあります。
亜鉛は、男性ホルモンの調整役でもあるのです。

 

この酵素が活発になりすぎると、男性ホルモンであるテストステロンが強力になりすぎてしまい、結果として脱毛症を引き起こすのです。
注意していただきたいのが、亜鉛を摂取して精力がアップするのは、男性ホルモンを高めるからではなく、精子の生産を促進するためです。

 

亜鉛を摂取することによって、精力が落ちることはないのでご安心ください。

 

亜鉛と一緒に摂るといい成分

亜鉛が小腸の腸壁から体内に吸収される量は、およそ30%です。

 

つまり、一生懸命に亜鉛を多く含む食品を食べても、普通の消化に任せていたら、70%は無駄になってしまうのです。

 

そこで、より亜鉛が吸収されるような食べ合わせを考えなくてはいけません。
例えば、動物性タンパク質は、腸壁から吸収される際に亜鉛も引っ張り込んでくれるので、亜鉛の吸収率が必然的に高まります。

 

また、亜鉛が体中に運搬されるためには「アルブミン」というタンパク質が必要になります。

 

アルブミンは卵白(卵の白身)の主要な物質です。卵は白身までしっかり頂くようにしましょう。
また、ビタミンCやクエン酸にも亜鉛の吸収を助ける働きがあります。
魚介のカキにレモンを絞るのは、実は理にかなった食べ方なのです。

 

亜鉛サプリと一緒に摂ると発毛効果が期待できるのは以下の成分です

ノコギリヤシ

ノコギリヤシとは、海岸近くに生える幹のない背の低い植物。
ノコギリヤシには、男性ホルモンを穏やかに不活性化する働きがあると言われています。

 

前に述べた通り、男性ホルモンの異常亢進による脱毛症に対して、ノコギリヤシを亜鉛と一緒に服用すると、抜け毛に効果があるでしょう。

 

ノコギリヤシは、ヨーロッパでは漢方薬のような位置づけで扱われています。
したがって、効果は劇的なものが期待できるわけではありません。

 

しかし、天然成分が主体なので、安心して長く使うことのできるサプリメントの原料として使われています。

 

大豆(イソフラボン)

大豆イソフラボンは、抜け毛の原因となる男性ホルモンの対極に位置する、女性ホルモンの様な効果を持っています。

 

つまり、大豆イソフラボンを摂取することにより、男性ホルモンの力を相殺し、結果的に脱毛を食い止めるという効果があるのです。
また、男性ホルモンは思春期によくみられるようなニキビの原因にもなるので、大豆イソフラボンを通じて女性ホルモンを増やせば、肌荒れ対策にも効果が期待できます。

 

では、亜鉛と一緒に摂取して大きな効果が期待できるサプリメントには何があるのでしょうか?
紹介していきたいと思います。

 

成分配合量の高いオススメ育毛サプリランキング

フェルサ

フェルサ

フェルサはノコギリヤシの有効成分が詰まったサプリメントです。

 

ノコギリヤシの効果は先ほど述べた通り、抜け毛の原因となる男性ホルモンの力を静めるものです。
またフェルサの成分で無視できないのが、ミレットエキスです。

 

ミレットエキスは穀物から精製されるエキスで、髪を作り出す原料になるアミノ酸の一種であるシスチン・メチオニンを豊富に含んでいます。

 

つまり、フェルサを飲むことによって、頭皮で育毛の邪魔をする男性ホルモンを追い出し、同時に髪の材料を運び入れることができるのです。

 

また、その他にもフェルサには髪の主成分であるケラチンを分解した成分が配合されているので、
これは体内に吸収されると再合成されてダイレクトに髪になることが期待できます。

 

もちろん、フェルサには新しい髪を作り出す役割を担っている亜鉛も配合されているので、あらゆる角度から育毛・増毛ケアができることになります。

 

安心して使える天然成分由来のサプリメントであるという点も見逃せません。

Boston

Boston

有効成分がダントツで多いことで有名な育毛サプリです。

 

育毛のメカニズムは上で紹介したものと変わりはなく、異常活性化した男性ホルモンを抑止して髪が育ちやすい下地を作り、髪の材料となるアミノ酸と、髪を作り出す酵素や亜鉛を送り込む、といったものです。

 

Bostonの特筆すべき点は、その有効成分の数の多さです。人間の体の代謝というのは、人それぞれ異なります。
ある人にとって動物性脂肪は太る原因になっても、ある人にとっては運動をするためのエネルギーとして効率的に消費されるのです。

 

育毛対策も同じことで、他の人に有効であった成分が自分にも有効であるとは限りません。

 

そういった場合に、Bostonのように多くの成分が配合されていれば、そのうちのいくつかは自分に効く成分である確率が高まるのです。

 

ぐんぐん

ぐんぐんの画像

3年連続モンドセレクションを受賞している育毛サプリ。

 

上で紹介したノコギリヤシの天然成分に加えて、菊芋、高麗人参、α-リポ酸などの天然由来成分をふんだんに配合しているサプリメントです。

 

医薬品の育毛剤では、主に肌のストレスが原因となる副作用が出てしまうのに対し、この育毛サプリは副作用をなくすことをモットーとした商品です。
なので、安心しての服用を続けることができるのです。

 

ちなみに、菊芋はフランスでも体に良い食材として認知されていて、古くから家庭の医薬食品としての地位を獲得しています。

 

また、α-リポ酸は人体で生成できないうえに、私たちの体の代謝をつかさどる大切な役割を担っています。
α-リポ酸を摂取することで、亜鉛やアミノ酸などの育毛サプリメントの有効成分を、体内でより効果的に運搬することができるようになるでしょう。

 

 

ランキングバナー

 

効果が高くて副作用ない人気の亜鉛サプリはコレ!

海乳EX
カキ肉エキスEXゴールド
低分子カキ肉&亜鉛